コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ギレアデ ギレアデGilead

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ギレアデ
Gilead

パレスチナのヨルダン川東の古代地域名。その北辺は,ヤルムク川,南西方向にはモアブの平原,東側には砂漠がある。旧約聖書ではヤコブラバンの物語に出る (創世記 31・21~22) 。前 12世紀頃にイスラエル人が侵入し,アンモン人と戦いながら,ルベン,ガテ,マナセなどの部族が住みついた。前 733年頃アッシリア王ティグラト=ピレゼル3世がこの地方を占領。ここはまた預言者エリヤの故郷でもあった。またギレアデの香膏 (こうこう) は古来有名であった (創世記 37・25,エレミヤ書8・22) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone