コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ギンリョウソウ(銀竜草) ギンリョウソウMonotropastrum globosum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ギンリョウソウ(銀竜草)
ギンリョウソウ
Monotropastrum globosum

イチヤクソウ科の多年草腐生植物。東アジアの温帯に広く分布する。山地の暗い林下に数本ずつ生える。多肉質,根のほかは全草が白色であるが乾燥すると黒くなる。茎の高さは 10~20cm,枝を出さない。葉は鱗状で互生する。夏に,茎の先端に1本ずつ下向きの花をつける。萼片は1~3枚。花弁は3~5枚,おしべは 10本で花糸には毛がある。果実は球形で白色の液果。葉のつき方が竜の鱗のようで,体が白いためこの名があり,またユウレイタケともいう。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ギンリョウソウ【ギンリョウソウ(銀竜草) Monotropastrum humile (D.Don) Hara】

林中のやや暗い,湿り気のある所に生えるイチヤクソウ科の腐生植物(イラスト)。葉緑体を欠き,全体が白くろうそくのように見える。和名は下向きの花を竜の頭に見立ててつけられた。また,薄暗い林中に生える様子から,ユウレイタケ(幽霊茸)ともいう。高さ8~20cm。葉は互生し,白色で鱗片状。春から夏にかけて,1個の白色の筒形の花が下向きにつく。萼片は全縁。おしべは6~10本。花柱の先は薄紫色を帯びる。子房は1室。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報