コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クアンナム朝 クアンナムちょう

世界大百科事典 第2版の解説

クアンナムちょう【クアンナム朝】

16~18世紀に中部ベトナム(広南)のフエに都したグエン(阮)氏の王朝。広南朝とも書く。1558年,北部レ(黎)朝の権臣グエン・ホアン(阮潢)はチン(鄭)氏との政争に敗れて南下し,フエに駐して実質的に独立し,日本,ポルトガル,オランダと通交して栄えた。港町フェイフォ,トゥーランには日本人町もできた。1628年以来,チン氏と戦って退けるとともに,南進してチャンパを服属させ,さらにカンボジアからメコン・デルタを奪ったが,1777年タイソン・グエン(西山阮)氏に敗れて滅亡した(タイソン党革命)。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

クアンナム朝の関連キーワードハット・ボイグエン朝アンナンザロン

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android