コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クアンナム朝 クアンナムちょう

1件 の用語解説(クアンナム朝の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

クアンナムちょう【クアンナム朝】

16~18世紀に中部ベトナム(広南)のフエに都したグエン(阮)氏の王朝。広南朝とも書く。1558年,北部レ(黎)朝の権臣グエン・ホアン(阮潢)はチン(鄭)氏との政争に敗れて南下し,フエに駐して実質的に独立し,日本,ポルトガルオランダと通交して栄えた。港町フェイフォトゥーランには日本人町もできた。1628年以来,チン氏と戦って退けるとともに,南進してチャンパを服属させ,さらにカンボジアからメコンデルタを奪ったが,1777年タイソン・グエン(西山阮)氏に敗れて滅亡した(タイソン党革命)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

クアンナム朝の関連キーワード阮福映ベトコンベトナム語安南広南バオダイファンボイチャウ越僑西沙諸島チャンパー

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone