クアンナム朝(読み)クアンナムちょう

世界大百科事典 第2版の解説

クアンナムちょう【クアンナム朝】

16~18世紀に中部ベトナム(広南)のフエに都したグエン(阮)氏の王朝。広南朝とも書く。1558年,北部レ(黎)朝の権臣グエン・ホアン(阮潢)はチン(鄭)氏との政争に敗れて南下し,フエに駐して実質的に独立し,日本,ポルトガル,オランダと通交して栄えた。港町フェイフォ,トゥーランには日本人町もできた。1628年以来,チン氏と戦って退けるとともに,南進してチャンパを服属させ,さらにカンボジアからメコン・デルタを奪ったが,1777年タイソン・グエン(西山阮)氏に敗れて滅亡した(タイソン党革命)。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大阪桐蔭高等学校

大阪府大東市にある男女共学の私立高校。1983年、大阪産業大学高等学校(現・大阪産業大学附属高等学校)の分校として設置され、1988年に現名称で独立した。神奈川県横浜市にある桐蔭学園高等学校とは無関係...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android