コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クイズイル Kyzyl

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クイズイル
Kyzyl

1918年までベロツァルスク Belotsarsk,18~26年はヘムベルドゥイル Khem-Beldyr。現名称はチュルク語系言語のキジル (「赤」の意) に由来。ロシア中東部,東シベリア南部,トゥーバ共和国の首都。クラスノヤルスクの南南東約 500km,トゥーバ盆地中央部にあり,エニセイ川源流の大エニセイ川小エニセイ川が合流する地点に位置する。 1914年建設され,44年ソ連に併合されたのち発展,人口は 30年の 3000人から,50年には1万 8000人にふえた。トゥーバの政治,経済,文化の中心地で,自動車修理,家具,皮革,食品などの工業が発達し,教育大学,言語・文化・歴史研究所,トゥーバ劇場,ロシア劇場,郷土博物館などの教育・文化施設がある。アバカンから市まで幹線自動車道が通じているとともに,市から共和国内の各地に放射状にハイウェーが延びる。空港もある。人口 10万9906(2010)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

クイズイルの関連キーワードカラカルパク自治共和国ゼラフシャン川アルジャン古墳ウズベキスタンカラクム砂漠トゥラン低地チムケント州カザフスタン西サヤン山脈ミヌシンスクシルダリアアムダリアバフシ川ブハラ州

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android