クエン酸鉄アンモニウム(読み)くえんさんてつアンモニウム(英語表記)ammonium iron citrate

世界大百科事典 第2版の解説

くえんさんてつアンモニウム【クエン酸鉄アンモニウム ammonium iron citrate】

水酸化鉄(III)をクエン酸に溶かし,アンモニア水を加えて蒸発すると,条件により赤褐色の塩と緑色の塩とが得られる。前者にはFe9(NH4)12(C6H4O7)6(C6H5O7)(OH)12・15H2OあるいはFe9(NH4)6(C6H4O7)3(C6H5O7)4(OH)9・9H2Oのような組成をもつ塩が,後者にはFe2(NH4)2(C6H5O7)3,Fe2(NH4)2H(C6H5O7)3あるいはFe2(NH4)H2(C6H5O7)3のような組成の塩が属する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のクエン酸鉄アンモニウムの言及

【クエン酸(枸櫞酸)】より

…また,写真材料として用いられる。
[クエン酸鉄アンモニウム]
 2価および3価の鉄塩の存在が知られているが,2価のものはきわめて不安定である。3価の塩Fe(NH4)2H(C6H5O7)2はクエン酸鉄(III)にアンモニアを作用させると生成する。…

※「クエン酸鉄アンモニウム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の6月中 (6月後半) のことで,太陽の黄経が 120°に達した日 (太陽暦の7月 23日か 24日) に始り,立秋 (8月7日か8日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android