コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クギタケ(釘茸) クギタケ Gomphidius rutilus

1件 の用語解説(クギタケ(釘茸)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クギタケ(釘茸)
クギタケ
Gomphidius rutilus

担子菌類マツタケ目クギタケ科。夏秋の頃,主として針葉樹林の地面に生える。傘の径は5~15cm,柄は太さ2~3cm,高さ7~12cmで,傘の形は鐘形ないし円錐形,色は赤みを帯びた暗褐色を呈している。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クギタケ(釘茸)の関連キーワードハリタケ(針茸)ヒトヨタケ(一夜茸)ベニタケ(紅茸)早松茸担子器コウタケハラタケヒメマツタケ(姫松茸)松茸御飯

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone