コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クギタケ(釘茸) クギタケGomphidius rutilus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クギタケ(釘茸)
クギタケ
Gomphidius rutilus

担子菌類マツタケ目クギタケ科。夏秋の頃,主として針葉樹林の地面に生える。傘の径は5~15cm,柄は太さ2~3cm,高さ7~12cmで,傘の形は鐘形ないし円錐形,色は赤みを帯びた暗褐色を呈している。胞子は褐色がかったオリーブ色。食べられる。北海道から本州にみられ,北アメリカヨーロッパ小アジアシベリアにも分布する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報