クギタケ(釘茸)(読み)クギタケ(英語表記)Gomphidius rutilus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クギタケ(釘茸)
クギタケ
Gomphidius rutilus

担子菌類マツタケ目クギタケ科。夏秋の頃,主として針葉樹林の地面に生える。傘の径は5~15cm,柄は太さ2~3cm,高さ7~12cmで,傘の形は鐘形ないし円錐形,色は赤みを帯びた暗褐色を呈している。胞子は褐色がかったオリーブ色。食べられる。北海道から本州にみられ,北アメリカヨーロッパ小アジアシベリアにも分布する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android