コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クサハツタケ(臭初茸) クサハツタケRussula foetens

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クサハツタケ(臭初茸)
クサハツタケ
Russula foetens

担子菌類マツタケ目ベニタケ科のキノコ。ヘクソハツタケの別名もある。夏秋の頃,林下や草原の地上に群生する。傘はまんじゅう形,開ききると中央がややへこむ。直径7~15cmになる。表面は黄褐色,やや赤みを帯びるものもある。裏面は白色で,ひだが発達する。胞子紋はほぼ白色。柄は太さ 1.5~3cm,高さ5~10cmで白色,基部に褐色の点を生じる。無毒であるが臭いので食用にしない。日本全土,北アメリカ,ヨーロッパ,中国,小アジアに分布する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

クサハツタケ(臭初茸)の関連キーワードニギリタケ(握茸)

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android