コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クザーヌス Nicolaus Cusanus

デジタル大辞泉の解説

クザーヌス(Nicolaus Cusanus)

[1401~1464]ドイツの聖職者・哲学者。枢機卿(すうききょう)。神を矛盾的統一とする「反対の一致」説で知られる。数学や自然科学にも明るかった。著「知ある無知」「カトリック的和合について」など。クサヌス

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

クザーヌス【Nicolaus Cusanus】

1401~1464) ドイツの神秘主義的哲学者・枢機卿・司教。スコラ哲学と近代哲学の間に位置する思想家。その著「学識ある無知」で神を矛盾的統一とし、反対の一致としてとらえた。他「隠れたる神」など。クサヌス。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

クザーヌスの関連キーワードディオニシウス・カルトゥシアヌスコンスタンチヌス大帝の寄進状デ・ドクタ・イグノランチアコンスタンティヌスの定めニコラウス・クサヌス偽イシドルス法令集ニコラウスクサヌス天文学史(年表)ニコラウス5世ガンディヤック共同生活兄弟会クリバンスキードイツ神秘主義ポイエルバハトスカネリ太陽中心説スコラ哲学プシュワラグローテ近世哲学

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android