コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

英宗 エイソウ

大辞林 第三版の解説

えいそう【英宗】

1427~1464) 中国、明の第六・八代皇帝(在位(1435~1449)、1457~1464)。正統帝・天順帝。宦官王振の勧めでオイラートに親征し、1449年土木堡で捕虜となった(土木の変)。翌年帰国し、景帝没後復位した。 → 土木の変

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の英宗の言及

【土木の変】より

…中国で1449年(正統14),河北省懐来県付近の土木堡で,明の英宗がオイラート軍に捕虜となった事件。1440年代西モンゴリアを根拠地に北アジア遊牧地帯のほぼ全域を握ったオイラート部長エセンは,国力充実の一環として明に対して大規模な通商活動を展開し,支配下の西域商人の隊商などを送り込む一方,銃,弓,鉄器などの禁制品の密輸をはかった。…

※「英宗」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

英宗の関連情報