コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クシャイリー al-Qushayrī, Abū al-Qāsim

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クシャイリー
al-Qushayrī, Abū al-Qāsim

[生]986
[没]1074
イランのシャーフィイー派の法学者,神秘思想家。彼以前の神秘思想家たちの諸説を収集して『クシャイリーの書簡』 alRisālat al-Qushayrīyahという本を残し,スーフィズムの理論化,正統化に貢献した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のクシャイリーの言及

【スーフィー】より

… スーフィーとスンナ派ウラマーとの関係は,922年に神と自己とを同一視した罪に問われて処刑されたハッラージュの事件にみられるように,スンナ派ウラマーはスーフィーたちの活動を敵視しがちであった。両者の対立はクシャイリーal‐Qushayrī(986‐1074)やガザーリーの努力によって克服され,スンナ派イスラムとスーフィー思想との融和が実現した。このような現象とともに注意されるべきは,スーフィーの活動の集団化の現象である。…

※「クシャイリー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

クシャイリーの関連キーワード承保御神楽一条天皇花山天皇藤原道長藤原元命鹿田荘一条天皇ロテール遺贈