コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クシャダス クシャダスKuşadası

デジタル大辞泉の解説

クシャダス(Kuşadası)

トルコ西部、エーゲ海に面する町。古代都市エフェソスの港として栄え、中世においてもジェノバベネチアの商人の交易拠点となった。沖合に浮かぶギュウェルジン島には14世紀にジェノバ人が築いた要塞がある。近年は同国有数の海岸保養地として知られ、ギリシャ領のサモス島をはじめとするエーゲ海の島々への観光拠点にもなっている。クサダシ

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone