コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クズルガハ千仏洞 クズルガハせんぶつどう

1件 の用語解説(クズルガハ千仏洞の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

クズルガハせんぶつどう【クズルガハ千仏洞】

中国の新疆(しんきょう)ウイグル自治区のオアシス都市、クチャ(庫車)近郊にある仏教遺跡。キジル千仏洞とともに亀茲石窟(きじせっくつ)群の中の石窟の一つで、キジル千仏洞と同じく、かつてのシルクロードのオアシス都市国家・亀茲国の文化遺産である。塩水渓谷の岸壁や谷の上に、漢の時代から8世紀ごろの唐の時代にかけて、46の仏殿・僧坊のための石窟が建設され、そのうち11の石窟の壁画が残っている。◇「クズルガハ」は「赤い嘴(くちばし)のカラス」という意味のウイグル語で、「赤哨」という漢字が当てられている。この遺跡の近くに、クズルガハ烽火台という前漢時代の遺構がある。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クズルガハ千仏洞の関連キーワード烏塁城焉耆回鶻和田烏魯木斉回疆哈拉和卓庫車哈密ハミ瓜

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone