コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クダウミヒドラ くだうみひどら

1件 の用語解説(クダウミヒドラの意味・用語解説を検索)

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クダウミヒドラ
くだうみひどら / 管海ヒドラ
[学]Tubularia spp.

腔腸(こうちょう)動物門ヒドロ虫綱クダウミヒドラ科に属する1属の海産動物の総称。群体をつくっており、その群体は普通、浅海の岩石上などに付着するが、ときには沿岸の桟橋とか、または漁網などに付着することもある。個虫は走根上から直立し、高さ2~8センチメートルくらい、その先端に1個のヒドロ花をつけている。各ヒドロ花にはその口を取り巻いて短い触手が1環列に並び、またヒドロ花の下部にはより長い糸状の触手の1環列がある。ヒドロ花のこの両触手環列の間に生殖体が生じ、雌の生殖体内で受精した卵はその位置でアクチヌラとよばれる幼体にまで発達する。クラゲの世代はみられない。世界の温帯から亜寒帯にかけての浅海に普通にみられる。比較的大形のポリプであるため、生理学の実験材料として用いられることがあるが、漁網に多数付着した場合は、その網目を詰まらせて被害を与えることになる。[山田真弓]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のクダウミヒドラの言及

【ヒドロ虫】より

…ポリプの体制(イラスト)は簡単で,胃腔内に隔膜がなく,口盤の周辺部を触手がとりまいている。ヒドラオトヒメノハナガサ(イラスト),クダウミヒドラなどは単体であるが,大部分のポリプは仮根をだして他物に付着し,枝分れしたヒドロ茎hydrocaulusをつくって群体を形成する。クラゲ型はヒドロクラゲとよばれ,一般に小型で構造は簡単である。…

※「クダウミヒドラ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone