クニヤ-ウルゲンチ(読み)クニヤウルゲンチ

世界遺産詳解の解説

クニヤウルゲンチ【クニヤ-ウルゲンチ】

2005年に登録された世界遺産(文化遺産)。ウルゲンチは中央アジアの歴史的都市で、クニヤとは「旧」という意味。トルクメニスタンの北西部、ウズベキスタンとの国境近くに位置する。旧ウルゲンチに対して、新ウルゲンチはウズベキスタンにある。クニヤ-ウルゲンチはアム・ダリヤ川南岸にあり、12~13世紀初頭に栄えたシルクロード最大の都市であった。しかし14世紀にアム・ダリヤ川の流れが変わって都市機能が弱体化し、新ウルゲンチが建設された。クニヤ-ウルゲンチには11~16世紀の史跡が残されており、最も高い建築物は60mの高さを誇るクトルグ・ティムール・ミナレットという円錐状の廟である。モスクや要塞も残されているほか、貴重な美術工芸品もある。ホラズム・シャー朝期からティムール朝期の遺跡が残されていることなどが評価され、世界遺産に登録された。◇英名はKunya-Urgench

出典 講談社世界遺産詳解について 情報

今日のキーワード

グリンパティック系

脳内でリンパ系と同様のはたらきをもつ循環システム。グリア細胞(神経膠細胞)が血管周囲に形成したパイプ状の構造に脳脊髄液を循環させ、脳内に蓄積した老廃物を除去する。覚醒時より睡眠時の方がより活動的である...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android