コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クヌム神殿 クヌムシンデン

1件 の用語解説(クヌム神殿の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

クヌム‐しんでん【クヌム神殿】

Temple of Khnum
エジプト、ナイル川中流西岸の町エスナにある神殿。プトレマイオス朝時代から古代ローマ時代にかけて建造。牡羊の頭をもつ古代エジプトの創造神クヌムを祭る。19世紀にフランスのエジプト学者オーギュスト=マリエットにより発見された。歴代ローマ皇帝やクヌムを描いた浮き彫りが残っている。
エジプト南部の都市アスワンを流れるナイル川に浮かぶエレファンティネ島にある神殿遺跡。同島南端に位置する。古王国時代に建造され、牡羊の頭をもつ創造神クヌムを祭る。古代エジプトの衣装をまとったアレクサンドロス2世が神に御物を差し出す姿を描いた浮き彫りが残っている。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

クヌム神殿の関連キーワード石窟寺院ハトホル神殿エルサレム神殿神殿の丘アマダ神殿イシス神殿エドフ神殿カラブシャ神殿カルナック神殿コムオンボ神殿

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone