クヌート ハムスン(英語表記)Knut Hamsun

20世紀西洋人名事典の解説


1859.8.4 - 1952.2.19
ノルウェーの小説家。
グブランスダール生まれ。
本名Knut Pedersen。
3歳の時に北極圏内のノルラン地方に移住し、神秘的な環境の中で成長した。職業転々と変え、米国へ2度渡航し、帰国後痛烈な米国文明批判を行った。「飢え」(1890年)で、飢えにさいなまれる文学青年の精神的な心理描写を行い、一躍名声を得た。「大地の恵み」(1917年)では、積極的な人生観を反映し、’20年ノーベル文学賞を受賞した。ナチズムに共鳴しドイツ軍のノルウェー侵攻を歓迎し、戦後罰金刑に処せられた。作品は他に「井戸ばたの女たち」(’20年)、「浮浪者」(’27年)等。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

生年月日:1859年8月4日
ノルウェーの作家
1952年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android