コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クバルケン群島 クバルケングントウ

デジタル大辞泉の解説

クバルケン‐ぐんとう〔‐グンタウ〕【クバルケン群島】

Kvarken Archipelago》フィンランド西部、ボスニア湾にある群島。約5600もの小島からなり、広さは約1940平方キロメートル。氷河期にできた巨大な氷床が溶けて圧力が軽減した反動で、地面が隆起し続けている。2006年、同じ現象が見られるスウェーデンのハイコーストの登録範囲が拡大された際、「クバルケン群島/ハイコースト」として世界遺産(自然遺産)に登録された。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

クバルケン群島の関連キーワードハイ-コースト/クヴァルケン群島多島海ソコトラ群島チャゴス諸島ビスマーク諸島スコトラ群島スコトラ諸島ソコトラ諸島ダハラック諸島ダフラク諸島

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android