コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クヘン寺院 クヘンジイン

デジタル大辞泉の解説

クヘン‐じいん〔‐ジヰン〕【クヘン寺院】

Pura Kehen》インドネシア南部、バリ島中東部の町バンリにあるヒンズー教寺院。13世紀頃の創建とされ、のちにバンリ王朝の重要な寺院となった。壁面には中国の陶磁器が埋め込まれ、ヒンズー教の三大神シバビシュヌブラフマーを祭るメルとよばれる石塔がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

クヘン寺院の関連キーワードウルンダヌブラタン寺院ウルワトゥ寺院ウルンダヌバトゥール寺院ウルンダヌブラタン寺院クボエダン寺院ゴアラワ寺院ジャガナタ寺院スラナディ寺院タナロット寺院タマンアユン寺院

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android