コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クマエ クマエCumae; Kymē

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クマエ
Cumae; Kymē

古代イタリア,カンパニア (カンパーニア) の都市。前 750年頃ギリシア人が建設。エトルリア人が進出し,前 474年にはシラクサヒエロン1世がエトルリアを破ってギリシア人を救ったが,サベリ人によって征服された。前 338年ローマの支配下に入ってからはギリシア的要素は薄れた。ポエニ戦争でもローマに忠誠を尽した。シビュラの予言で有名。 13世紀初めに廃虚となった。ギリシア・ローマ時代の要塞,墳墓の遺跡がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のクマエの言及

【ティブルティナ】より

…古代ギリシア・ローマにおいては女予言者シビュラの予言の書が国家行政や戦争遂行の指針を与えるものとされていた。その中で後世高名となったのがミケランジェロの絵で知られるクマエとティブルティナであった。特にティブルティナは中世における最も有名な女予言者で,次のような伝承がある。…

※「クマエ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

クマエの関連キーワードタルクイニウス・スペルブスマグナ・グラエキアマグナ・グラエキアマグナ・グレキアヘルクラネウムティブルティナアリストデモスエレトリアダイダロスクルマエビクメール族アカアシクマエビウシエビアシアカアリキアフザロ湖シビュレクメール

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

クマエの関連情報