コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クマケムシ くまけむし

1件 の用語解説(クマケムシの意味・用語解説を検索)

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クマケムシ
くまけむし / 熊毛虫
woolly bear

昆虫綱鱗翅(りんし)目ヒトリガ科の昆虫の一部の幼虫の名称。ヒトリガ科のなかには幼虫が黒色の毛に覆われた種がある。イギリスでは、日本にも分布しているヒトリガが路傍のスグリなどに寄生し、ごく普通に草むらにみられ、蛹化(ようか)前に適当な場所を求めてむくむくと歩くところがみられ、表記のような「毛深い熊」という意味の英名でよばれている。日本ではヒトリガは局所的で、幼虫はあまり人の目に触れないが、シロヒトリが各種の雑草につき、全国的に普通種なので、このような黒毛に覆われたケムシを一般にクマケムシとよんでいる。[井上 寛]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のクマケムシの言及

【ヒトリガ(灯蛾)】より

…体は黒く,長毛に覆われ,老熟したものが蛹化(ようか)の場所をさがすため,地上を歩く姿がイギリスではごくふつうに見られるので,woolly bearと呼ばれている。日本では,この種類はあまりおらず,日本でクマケムシと呼ばれている毛虫は,同じように雑草を食べるシロヒトリSpilosoma niveumの幼虫のことで,この種では,黒毛の先がヒトリガと違って白い。成虫は体翅とも純白で,腹部背面に黒紋を連ね,側面が赤い。…

※「クマケムシ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone