コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クマノコガイ クマノコガイ Tegula xanthostigma

2件 の用語解説(クマノコガイの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クマノコガイ
クマノコガイ
Tegula xanthostigma

軟体動物門腹足綱ニシキウズガイ科。殻高,殻径とも 3.5cm。殻は円錐形,黒色もしくは淡緑色で厚質堅固,成長脈や螺肋は弱く,殻表は平滑。体層は大きく,殻底はやや平らで,殻口は前倒しに傾く。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クマノコガイ
くまのこがい / 熊の子貝
[学]Chlorostoma xanthostigma

軟体動物門腹足綱ニシキウズガイ科の巻き貝房総半島以南の日本全国から台湾、中国沿岸にかけて分布し、潮間帯の岩礁や小石の間にごく普通にみられる。殻高35ミリメートル、殻径37ミリメートルに達し、殻は厚く、側面のやや膨らんだ円錐(えんすい)形。殻表は黒色で、殻表に畝(うね)はなく滑らかである。殻底はやや平らで、臍孔(へそあな)は開かず浅くくぼむだけで周りは鮮緑色となり、軸唇には歯状突起がある。殻口内は真珠光沢がある。蓋(ふた)は褐色で丸く、多旋形。クボガイC. argyrostoma lischkeiなどとともに「いそもの」とか「いそ玉」と総称され、食用とされる。[奥谷喬司]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のクマノコガイの言及

【クボガイ(久保貝)】より

…近縁の臍孔(せいこう)が開いているヘソアキクボガイC.a.turbinatumはこの種の北方に多い型である。クマノコガイC.xanthostigmaは全体黒色で殻表に肋がない。房総半島以南の潮間帯岩れき地に分布する。…

※「クマノコガイ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

クマノコガイの関連キーワード軟体動物有肺類後鰓類腰高雁空前鰓類象水母千種貝石畳貝疣細螺軟体類

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone