コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クムル市 クムルKumul

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クムル〔市〕
クムル
Kumul

ハミ (哈密) ともいう。中国西北地方,シンチヤン (新疆) ウイグル (維吾爾) 自治区東部の市。ハミ地区の行政中心地。テンシャン (天山) 山脈の東端部南麓にあるオアシスを中心とし,天山南路と北路の分岐点にある商業都市として,古くからにぎわった。いまもランシン (蘭新) 鉄道上の交通の要地である。周囲にはホンシン (紅星) 渠などの水路網が建設され,ホンシン二場,ホンシン四場などの国営農場もあり,ワタ,コーリャン,豆類,果樹が栽培される。磁鉄鉱の鉱山と露天掘りの炭鉱があり,西北地方最大の石炭工業都市である。鉄鋼,機械,化学などの工場も建設され,砂漠の中の重化学工業都市に変貌している。人口 29万 125 (1990) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

クムル市の関連情報