コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クムル市 クムルKumul

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クムル〔市〕
クムル
Kumul

ハミ (哈密) ともいう。中国西北地方,シンチヤン (新疆) ウイグル (維吾爾) 自治区東部の市。ハミ地区の行政中心地。テンシャン (天山) 山脈の東端部南麓にあるオアシスを中心とし,天山南路と北路の分岐点にある商業都市として,古くからにぎわった。いまもランシン (蘭新) 鉄道上の交通の要地である。周囲にはホンシン (紅星) 渠などの水路網が建設され,ホンシン二場,ホンシン四場などの国営農場もあり,ワタ,コーリャン,豆類,果樹が栽培される。磁鉄鉱の鉱山と露天掘りの炭鉱があり,西北地方最大の石炭工業都市である。鉄鋼,機械,化学などの工場も建設され,砂漠の中の重化学工業都市に変貌している。人口 29万 125 (1990) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

クムル市の関連キーワードシンチヤン(新疆)ウイグル(維吾爾)自治区チータイ(奇台)県ピチャン(闢展)県クムル

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android