コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クラカタウ[島] クラカタウ

百科事典マイペディアの解説

クラカタウ[島]【クラカタウ】

インドネシア西部,スマトラとジャワの間のスンダ海峡中の火山島。別名クラカトア島。直径5km。標高813m。1883年8月大爆発を起こし,島の3分の2が吹き飛び,その爆発音は南アフリカまで聞こえた。
→関連項目ウジュン・クロン国立公園

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

クラカタウ[島]【Krakatau】

クラカトアKrakatoaとも呼び,インドネシアのスマトラ島ジャワ島の間のスンダ海峡にある火山島。1883年の大噴火によって,カルデラの中央部にあった三つの火口丘から成る火山島の中央部が消滅した。この噴火の規模は歴史時代の世界中の火山噴火の中で屈指のものであった。噴煙は70~80kmの高空に達し,全地球をおおい,このため,その後5年間日没時に太陽が異常に赤く見えたり,ビショップ環が観察された。山体の崩壊によって生じた津波は対岸で20mの高さにも達し,そのため,3万6000人の人命が失われた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android