コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クラカトア津波 クラカトアつなみKrakatoa Tidal Waves

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クラカトア津波
クラカトアつなみ
Krakatoa Tidal Waves

クラカトア火山の大爆発に伴う津波の総称。特に 1883年8月 27日の大爆発の前日から当日に大津波が起り,65km離れたジャワのメラクで 30~40m,30km離れたスマトラのカチムバンでは 24mの波高を記録し,軍艦『ベロウ』号が谷を 3kmも登り,海抜 10mのところに押上げられた。この津波で約3万 6000人の死者を出した。検潮器で観測された津波は周期が1~2時間の長いもので,西は喜望峰まで,南,東はオーストラリア西岸まで認められたが,太平洋にはあまり波及しなかった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android