クラッソン(英語表記)classon

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クラッソン
classon

古典物理学の場,すなわち電磁場重力場量子である光子重力子との総称。場の源となる粒子との相互作用定数はそれぞれ電気素量および重力定数である。光子のスピンは1,重力子のスピンは2,ともにボソンで,質量が0である。しかし,この名称は現在ではほとんど使用されていない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ワンオペ育児

配偶者の単身赴任など、何らかの理由で1人で仕事、家事、育児の全てをこなさなければならない状態を指す言葉である。母親1人を指す場合がほとんどで、「ワンオペ育児ママ」という派生語もある。「ワンオペ」とは「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android