コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クラッソン classon

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クラッソン
classon

古典物理学の場,すなわち電磁場重力場量子である光子重力子との総称。場の源となる粒子との相互作用定数はそれぞれ電気素量および重力定数である。光子のスピンは1,重力子のスピンは2,ともにボソンで,質量が0である。しかし,この名称は現在ではほとんど使用されていない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

クラッソンの関連キーワード古典物理学

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android