クラテス[テーベ](英語表記)Kratēs; Crates of Thebes

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クラテス[テーベ]
Kratēs; Crates of Thebes

[生]前336頃
[没]前286頃
古代ギリシアのキュニコス派 (犬儒派) の哲学者シノペディオゲネスの弟子。名門の出であったが全財産をアテネ市民に与え,悪徳と虚飾を徹底して批判した。彼には詩人の荘重な作品をパロディー化する才能があり,それによって他の哲学者を揶揄しキュニコス派的生活をたたえた。彼は哲学的な悲劇や書簡を書いたといわれ,彼の著とされる書簡は現存しているが偽書らしい。クラテスの哲学史上の重要性はストア派の創設者ゼノンに及ぼした影響にある。プルタルコスによる彼の伝記は現存していない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android