コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ディオゲネス[シノペ] ディオゲネスシノペDiogenēs

翻訳|Diogenēs

1件 の用語解説(ディオゲネス[シノペ]の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ディオゲネス[シノペ]
ディオゲネスシノペ
Diogenēs

[生]前412頃
[没]前324頃.コリント?
シノペ出身のギリシアの哲学者。小ソクラテス学派キュニコス派の代表的存在で,「樽のディオゲネス」として有名。一説にアンチステネスの弟子。「社会的風習の蔑視」の罪で告訴され,故郷を追放された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ディオゲネス[シノペ]の関連キーワード松島(熊本県)オリュンピウステオフィロス広開土王ユニコーン企業富士山レンジャーシミエン国立公園日本医師ジョガーズ連盟利根軌道スルジ山

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone