コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エンハンスドモード

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

エンハンスドモード

従来のWindows Ver.3.0、Windows Ver.3.1の実行モードの1つ。これらのWindowsでは、システムに搭載されたCPUが286か、386かで実行モードをスタンダードモード、エンハンスドモードに切り替えるようになっていた。エンハンスドモードの特徴の1つは、セグメンテーション機構に加えて、386以上のプロセッサーが提供するページング機構を用いた仮想メモリーが利用できたことである。ページングを使うと、Windowsアプリケーションはもとより、Windowsシステム自体も、物理メモリーとスワップファイルとを合計した領域を大きなメモリー空間と見立ててアクセスできるようになる。そしてメモリーからスワップファイルへの書き出し(スワップアウト)やスワップファイルからメモリーへの読み込み(スワップイン)では、プロテクトモードからディスクを直接アクセスできる高速な32ビットディスクアクセスが利用可能になっていた。エンハンスドモードの第2の特徴は、CPUの仮想8086モードを使って、ウィンドウの1つとしてDOS互換環境を実行し、かつこれらを同時に複数実行できたことである。このときDOSアプリケーションはプリエンプティブなマルチタスクで実行されており、バックグラウンド側のDOSアプリケーションもプログラムの処理を継続できた(スタンダードモードでは、バックグラウンドのDOS環境は完全に停止するようになっていた)。最新のWindows 95では、386以上のCPUを搭載するシステムだけが対象になり(286は除外された)、同時にこれらの実行モードも廃止された。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

エンハンスドモードの関連キーワードディスプレイグラバー.386ファイルDOSウィンドウ

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

エンハンスドモードの関連情報