コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クラブサン楽派 クラブサンがくは L’école de clavecin

1件 の用語解説(クラブサン楽派の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

クラブサンがくは【クラブサン楽派 L’école de clavecin】

17~18世紀,フランスバロック期のクラブサン(ハープシコード)音楽作曲家の総称。ルイ王朝期のフランス音楽ベルサイユ宮とパリを中心として一つの黄金時代を迎えたが,宗教的および世俗的な声楽曲,歌劇,オルガン音楽などと並んで重要なのは,ルネサンス時代に盛んだったリュート音楽に代わって登場してきたクラブサン音楽である。この楽派はイギリスバージナル楽派の影響のもと,シャンボニエールに始まり,その弟子ダングルベールJean Henri d’Anglebert(1628‐91),クープランLouis Couperin(1626ころ‐61),その甥F.クープラン,そしてラモーへと受け継がれていく。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

クラブサン楽派の関連キーワード金ブロックサラバンド新バロックバロックバロック音楽リゴドンクーラントジーグフランドル派マルティーナ・フランカ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone