コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クララ・シューマン くらら・しゅーまん Clara Schumann

1件 の用語解説(クララ・シューマンの意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

クララ・シューマン

19世紀の女流ピアニスト・作曲家であり、ロマン派を代表する作曲家の1人ロベルトシューマンの妻。1819年9月13日生まれ、1896年5月20日没。1828年、9歳にしてモーツァルトピアノ協奏曲でソリストとしてデビュー、神童の名をほしいままにする。12歳のころにはヨーロッパ中で演奏するようになり、「ピアノの詩人」として知られるショパンから「私の練習曲集を弾ける唯一のドイツ人女性」と絶賛されたほか、文豪ゲーテからも称賛を受けた。1840年、父の元に弟子入りしていたロベルト・シューマンと結婚、8人の子供をもうける。クララはその美貌、知性も手伝い当時の楽壇の女神的存在であり、特に14歳年下の大作曲家ブラームスからは親愛の情を示された。不倫を裏付ける証拠はないが、二人はロベルトの自殺未遂後の精神科病院への入院、そして死以降も交流を続け、クララの死まで親友であり続けた。クララは今もドイツ国民から広く敬愛されており、ユーロに統合される前のドイツ100マルク紙幣には彼女の肖像が使われていた。

(2012-09-18)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クララ・シューマンの関連キーワードシャミナードピアニストビーチゲスレルゴットシャルク(ゴッツチョーク、ゴッチョーク)ストレレツキダルベールチェルニー(ツェルニー)ピクシスレクオーナ

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

クララ・シューマンの関連情報