コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クララ クララ Sophora angustifolia

9件 の用語解説(クララの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クララ
クララ
Sophora angustifolia

マメ科の多年草。山野の土手など日当りのよいところに生じる。日本から朝鮮半島,中国,東シベリアにかけて分布する。茎は円柱形で直立,高さ 60~90cm。葉は互生し,奇数羽状複葉。初夏,枝先に長い総状花序をつけ,多数の黄色の蝶形花をつける。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

クララ(Clara)

[1194~1253]イタリアの聖女。イタリア名、キアラクララ女子修道会の創立者。アッシジフランチェスコの説教に感銘して、最初の女弟子となる。清貧と苦行の生涯を送り、死後聖人に列せられた。アッシジクララ

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

クララ

イタリアの聖女。イタリア語名キアラChiara。アッシジに生まれ,アッシジのフランチェスコの弟子となり,その指導のもとにクララ女子修道会を創立した。盲人,眼疾者の守護聖人で,祝日は8月11日。
→関連項目フランシスコ会

クララ

本州〜九州,東アジアの山野の日当りのよいとろにはえるマメ科の大型多年草。茎は直立して高さ1〜1.5mに達し,15〜41個の小葉をもつ,長さ15〜25cmの奇数羽状複葉を互生。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

クララ Clara A.N.Whitney

ホイットニー

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

デジタル大辞泉プラスの解説

クララ

森永製菓株式会社ビスケットシリーズのキャラクター

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

クララ【Clara】

1194‐1253
イタリアの聖女。イタリア語名キアラChiara。アッシジの貴族の娘に生まれ,1212年ポルツィウンコラでフランチェスコによって彼の修道会に受け入れられ,後にクララ女子修道会(クララ童貞会,フランシスコ第二会)を創立,修道院長となる。41年サン・ダミアーノ修道院をイスラム勢力が襲った際,聖体顕示台を掲げて撃退したという。美術では,クララ会の修道服と三つの結び目のある紐帯をしめた,うら若いまたは老年の修道女として表される。

クララ【Sophora flavescens Ait.】

日当りのよい山野の草地,河原などで普通にみられるマメ科の多年草(イラスト)。高さ80~150cmとなり,茎に茶褐色の短い毛がある。葉は互生し,羽状複葉で15~41枚の奇数個の小葉がある。小葉は長楕円形で,長さ2~4cm,幅7~15mm,両面に短い茶褐色の毛がある。6~7月に多数の蝶形花が茎の先に穂状につく。花は淡黄色で,長さ15~18mm,下半分は萼筒におおわれる。おしべは10本で,離生。豆果は長さ7~8cm,中に4~5個の種子を入れ,種子と種子の間で少しくびれてやや念珠状となる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

クララ【Clara】

1194~1253) イタリアの聖女。アッシジのフランチェスコの最初の女弟子となった。クララ女子修道会の創立者。イタリア名、キアラ。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のクララの言及

【アッシジ】より

…これら13世紀末から14世紀の巨匠たちの壁画は,近世絵画発展の端緒となった重要な作品である。ほかに,この町で生まれ,1215年クララ女子修道会を興した聖女クララが埋葬されるサンタ・キアラ教会(1257),アッシジの最初の司教,聖ルフィヌスに捧げられたサン・ルフィーノ大聖堂(ウンブリアのロマネスク様式の代表作)がある。南郊に,フランチェスコが修復したサン・ダミアーノ修道院教会があり,クララはここで生涯を終えた。…

【フランチェスコ[アッシジの]】より

…托鉢しながら人々に罪の悔改めを説き,荒廃した教会を修復するフランチェスコの周囲には,やがて彼にならい,福音書の理想に従って生きようとする弟子たちの集団が形成され,1209年には〈小さき兄弟たちの修道会Ordo Fratrum Minorum〉(フランシスコ会の正式名称)の最初の会則が制定される。12年には,彼の影響によって回心したアッシジのクララに修道服を授け,ここにフランシスコ会第二会(女子修道会)が成立した。 フランチェスコの宣教活動はイタリア内部にとどまらず,シリア,モロッコ,および中近東に向けて旅立ったが,いずれも事故や病気のため成功するにはいたらなかった。…

※「クララ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

クララの関連キーワードオミナエシ(女郎花)ヤハズソウ(矢筈草)茜菫苺繋日当りカワラサイコカワラマツバトモエソウノウルシフデリンドウ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

クララの関連情報