コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

楽壇 ガクダン

大辞林 第三版の解説

がくだん【楽壇】

音楽活動をしている人たちの社会。作曲家・演奏家・批評家などの集団。音楽界。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

楽壇の関連キーワードベートーヴェン:ピアノ・ソナタ 第4番 変ホ長調/piano soloクライバー(Erich Kleiber)日本フィルハーモニー交響楽団グルリット マンフレートラファエル クーベリックフェルッチョ ブソーニリチャード ボニングディーン ディクソンスメタナ弦楽四重奏団エーリヒ クライバークララ・シューマンカーネギー・ホールアンドレ ナヴァラオペラ・コミックローゼンストックオッフェンバックシュナイダーハンモーリス ラベルシュロモ ミンツクーセビツキー

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

楽壇の関連情報