コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クリスピヌスとクリスピニアヌス Crispinus,Crispinianus

1件 の用語解説(クリスピヌスとクリスピニアヌスの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

クリスピヌスとクリスピニアヌス【Crispinus,Crispinianus】

ともにキリスト教の聖人。伝説によると3世紀のローマ貴族出身の兄弟で,迫害を逃れてフランスソアソンへ行き,靴作りをしながら福音を伝え,後に捕らえられて殉教。靴職人,革細工師などの守護聖人。美術表現における持物は靴,靴型。その崇拝は全ヨーロッパに及ぶが,とりわけ聖遺物を保持するソアソンで盛んに拝され,6世紀には彼らに教会が捧げられた。祝日は10月25日。【井手 木実】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

クリスピヌスとクリスピニアヌスの関連キーワードキリスト教綱要聖者聖者伝聖書聖典キリスト教会キリスト者の自由キリスト教徒聖骸布キリスト教系教会

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone