クリスピヌスとクリスピニアヌス(英語表記)Crispinus,Crispinianus

世界大百科事典 第2版の解説

クリスピヌスとクリスピニアヌス【Crispinus,Crispinianus】

ともにキリスト教の聖人。伝説によると3世紀のローマ貴族出身の兄弟で,迫害を逃れてフランスのソアソンへ行き,靴作りをしながら福音を伝え,後に捕らえられて殉教。靴職人,革細工師などの守護聖人。美術表現における持物は靴,靴型。その崇拝は全ヨーロッパに及ぶが,とりわけ聖遺物を保持するソアソンで盛んに拝され,6世紀には彼らに教会が捧げられた。祝日は10月25日。【井手 木実】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

二重価格表示

小売業者が商品の実売価格とともに、市価、メーカーの希望小売価格、自店の旧価格など2つの価格を表示して実売価格の値引幅を強調し、買い手の購買意欲を刺激しようとするもの。実際の市価やメーカーの希望小売価格...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android