クリスマス・カロル(英語表記)A Christmas Carol

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クリスマス・カロル
A Christmas Carol

イギリスの小説家 C.ディケンズの中編小説。 1843年のクリスマスに発表。冷酷な守銭奴スクルージはクリスマスの前夜,夢のなかで,もとの同僚マーリーの幽霊と会い,過去,現在および未来の自分の姿を見せつけられる。前非を悔いた彼は翌朝生れ変ったような善人となるという筋。健全な家庭読物として大成功を収め,ディケンズは以後 48年まで毎年のように同類の物語を書き続け,これらがまとめられて『クリスマスの本』となった。第3作『炉辺のこおろぎ』 The Cricket on the Hearth (1845) も秀作。

クリスマス・カロル

キャロル」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

アウェイ育児

自身や配偶者の就職や転勤などに伴い、慣れない土地に移って子育てをすること。身近に相談できる親類縁者や友人が少なく、地域とのつながりも薄いケースが多い。また、夫の育児参加が少ないなどで孤立感を深めた母親...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android