コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クリティオスとネシオテス Kritios kai Nēsiōtēs

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クリティオスとネシオテス
Kritios kai Nēsiōtēs

ギリシアの2人の彫刻家。前 477年共同して第2の『僭主殺害者ハルモディオスとアリストゲイトン』の青銅群像を制作。そのローマ時代の大理石模刻が,現在ナポリ国立考古学博物館その他に残されている。またアクロポリス美術館にはこのハルモディオスとの頭部類似から彼の作とされる『クリティオスの少年』像がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

クリティオスとネシオテスの関連キーワードギリシア

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android