コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クリティオスとネシオテス クリティオスとネシオテスKritios kai Nēsiōtēs

1件 の用語解説(クリティオスとネシオテスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クリティオスとネシオテス
クリティオスとネシオテス
Kritios kai Nēsiōtēs

ギリシアの2人の彫刻家。前 477年共同して第2の『僭主殺害者ハルモディオスアリストゲイトン』の青銅群像を制作。そのローマ時代の大理石の模刻が,現在ナポリ国立考古学博物館その他に残されている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

クリティオスとネシオテスの関連キーワードトルコ血液製剤の投与記録アジア砒素ネットワーク(AAN)ガイセリック甲賀[市]デロス同盟南丹[市]白山国立公園野洲[市]倭王武

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone