汶洲王(読み)もんしゅうおう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

汶洲王 もんしゅうおう

?-477 百済(くだら)(朝鮮)の第22代国王。在位475-477。
蓋鹵(がいろ)王の子。朝鮮正史の文周王にあたる。「三国史記」によれば,475年百済が高句麗(こうくり)(朝鮮)に攻められた際,新羅(しらぎ)(朝鮮)の援軍をつれてもどったが,蓋鹵王がすでに戦死していたため即位し,熊津(ゆうしん)に都をうつす。文周王3年9月暗殺された。「日本書紀」は蓋鹵王の母の弟とし,雄略天皇が百済復興を援助したとする。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android