コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

汶洲王 もんしゅうおう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

汶洲王 もんしゅうおう

?-477 百済(くだら)(朝鮮)の第22代国王。在位475-477。
蓋鹵(がいろ)王の子。朝鮮正史の文周王にあたる。「三国史記」によれば,475年百済が高句麗(こうくり)(朝鮮)に攻められた際,新羅(しらぎ)(朝鮮)の援軍をつれてもどったが,蓋鹵王がすでに戦死していたため即位し,熊津(ゆうしん)に都をうつす。文周王3年9月暗殺された。「日本書紀」は蓋鹵王の母の弟とし,雄略天皇が百済復興を援助したとする。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

汶洲王の関連キーワードガイゼリック太和仏トルコ血液製剤の投与記録アジア砒素ネットワーク(AAN)ガイセリック甲賀[市]デロス同盟南丹[市]白山国立公園

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android