コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クリノイガ sandbur

世界大百科事典 第2版の解説

クリノイガ【sandbur】

和名は栗の毬(いが)の意味で,とげが生えてクリのいがの形をした小穂をもつイネ科一年草(イラスト)で,熱帯アメリカの原産であるが,現在は世界中の熱帯にひろがり,日本には第2次大戦後に帰化した。茎は高さ30~90cmくらいで,立ち上がり,基部で多少枝分れしている。線形の葉は幅8mm,長さ20cmくらいである。花序は長さ5~10cmくらいの直立した穂状花序で,20~50個のクリのいが状の小穂を密につける。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android