コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クリー族 クリーぞくCree

翻訳|Cree

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クリー族
クリーぞく
Cree

アルゴンキン語を話し,カナダに住むアメリカインディアンの一民族。大きく森林クリーと平原クリーに分けられ,前者はシカ狩りを主とする東部森林型,後者は野牛狩りを主とする平原型の文化に属する。 17~18世紀にかけてヨーロッパ人の毛皮交易が盛んになり,東はハドソン湾から西はアルバータまで一面に広がって住むようになった。 18世紀末以来,戦争や伝染病で人口は減ったが,今日でも約 14万人が罠猟と狩猟で暮している。社会組織は,森林クリーでは親族集団によるバンドが中心となっている。あらゆるタブーや習慣に妖術が用いられた。平原クリーはそれぞれ首長をもつ 12のバンドに分れており,儀礼が重要な意味をもった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のクリー族の言及

【アメリカ・インディアン】より


[亜極北文化領域]
 この領域は北方針葉樹林(タイガ)とほぼ一致し,アラスカ内陸のユーコン川,クスコキウム川の中・上流域からカナダ北東部のラブラドルまで広がる。タイガに居住する原住民はタナイナ族,ヘア族,チペワイアン族などのアサバスカ(ナ・デネ)系言語を話すインディアンと,クリー族,ナスカピ族などアルゴンキン系言語を話すインディアンである。 彼らの伝統的な生業活動は狩猟と漁労である。…

※「クリー族」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

クリー族の関連キーワードトムソン ハイウェイヨーホー国立公園タカカウ滝マニトウメティス

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android