クルテアデアルジェシュ(英語表記)Curtea de Argeş

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クルテアデアルジェシュ
Curtea de Argeş

ルーマニア中南部,アルジェシュ県の都市。ドナウ川の支流アルジェシュ川の上流,南カルパート山脈の南斜面に続く丘陵地帯に位置する。 1330年アルジェシュ砦の名が文献に現れ,14~16世紀には初期の封建国家ワラキア公国の首都であった。旧宮廷の一部が現存。 1330年に建設された聖ニコラエ (ドムニャスカ) 大聖堂は有名。 1960年代にアルジェシュ川のダムが完成し,以後,工業の発展が著しい。陶器の生産地としても有名。鉄道,道路によりブカレストと結ばれている。人口3万 5823 (1992推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android