コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クルト朝 クルトちょう Kurt

1件 の用語解説(クルト朝の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

クルトちょう【クルト朝 Kurt】

モンゴル支配下のアフガニスタンの土着政権(1245‐1389)で,ペルシア文化の護持に貢献した。カルトKart朝ともよばれる。クルト家はゴール朝の宰相の子孫で,アフガニスタン中央部山中のハイサールの城主であり,1220年代のモンゴル軍侵入に際して協力し,そのインド作戦に功績があった。同家のマリク・シャムス・アッディーンはモンゴリアへ行って,モンケハーン(憲宗)から勅書を受け,ヘラートを中心として,アム・ダリヤからインダス川までの地域を支配するようになった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

クルト朝の関連キーワードムルタンアフガンアフガンハウンドホラズム朝アフガン侵攻アフガン・ハウンドアフガニスタン戦争アフガニスタンでの戦い部族地域9・11とアフガニスタン

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone