コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クルト朝 クルトちょうKurt

世界大百科事典 第2版の解説

クルトちょう【クルト朝 Kurt】

モンゴル支配下のアフガニスタンの土着政権(1245‐1389)で,ペルシア文化の護持に貢献した。カルトKart朝ともよばれる。クルト家はゴール朝の宰相の子孫で,アフガニスタン中央部山中のハイサールの城主であり,1220年代のモンゴル軍侵入に際して協力し,そのインド作戦に功績があった。同家のマリク・シャムス・アッディーンはモンゴリアへ行って,モンケ・ハーン(憲宗)から勅書を受け,ヘラートを中心として,アム・ダリヤからインダス川までの地域を支配するようになった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

クルト朝の関連キーワードイブネ・ヤミーンモンケ・ハーンティームールカルト朝

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android