コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クルペオ culpeo

世界大百科事典 第2版の解説

クルペオ【culpeo】

小型のコヨーテに似ているが尾がさらに大きい食肉目イヌ科の哺乳類。エクアドル,ペルーからアンデス山脈に沿い南アメリカの南端までと,フエゴ島の山地の低木林,荒れ地,半砂漠などにすむ。体長52~120cm,尾長36~50cm,体重4~13kg。イヌ属とキツネ属の中間のもので,尾がキツネに似て太く長いためクルペオキツネculpeo foxとも呼ばれる。しかし,南アメリカではタテガミオオカミに次ぐ大型種で,キツネよりはるかに大きく体型も異なり,吻(ふん)が長く耳介が大きく,コヨーテやジャッカルに似る。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クルペオ
くるぺお
culpeoculpeo foxAndean wolf
[学]usicyon culpaeus

哺乳(ほにゅう)綱食肉目イヌ科の動物。コヨーテに似た種で、エクアドル、ペルーからフエゴ島まで分布する。頭胴長52~120センチメートル、尾長36~50センチメートル、体重4~13キログラム。イヌ属とキツネ属の中間のもので、尾が大きいためクルペオギツネともいわれる。体毛は長く黄褐色と黒色の霜降り、四肢と体側および耳の後面は赤褐色、尾端は黒色。山地の低木林、荒れ地などにすみ、夜行性で齧歯(げっし)類、鳥、トカゲなどを主食とするが、地方により放牧のヒツジを殺すため駆除される。春から初夏に1腹平均5子を産む。[今泉吉典]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

クルペオの関連キーワード今泉吉典

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android