コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クレアチン燐酸 クレアチンリンサン

デジタル大辞泉の解説

クレアチン‐りんさん【クレアチン×燐酸】

クレアチンリン酸化された化合物。筋肉神経組織の細胞内でエネルギーを貯蔵する役割を果たす、高エネルギーリン酸化合物の一つ。
[補説]筋細胞にはATPの約5倍のクレアチンリン酸が存在し、激しい運動などでATPが不足すると、クレアチンリン酸が分解してADPリン酸基を渡すことによってATPを再合成し、エネルギーが供給される。一方、休息時にATPの濃度が高くなると、クレアチンとATPからクレアチンリン酸とADPが生成される。これらの反応はクレアチンキナーゼという酵素によって触媒される。ホスホクレアチン。CP(creatine phosphate)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

クレアチン燐酸の関連キーワード高エネルギー燐酸化合物ホスファゲン

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android