クレアラシル

デジタル大辞泉プラスの解説

クレアラシル

ニキビ治療薬のブランド名。1950年代、アメリカでニキビ治療クリームが発売。その後世界中で販売された。日本では1960年から輸入販売開始。1990年から洗顔用石鹸、化粧水など、肌全体のケアを考慮した商品を展開。現在の販売元はレキットベンキーザー・ジャパン。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

クレアラシルの関連情報