コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クレドナー Wilhelm Credner

世界大百科事典 第2版の解説

クレドナー【Wilhelm Credner】

1892‐1948
ドイツの地理学者。地質学・地理学者ルドルフの子としてグライフスワルトに生まれる。初め鉱山学の研究を志したが,第1次世界大戦の終了後グライフスワルト大学,スウェーデンウプサラ大学に,さらにハイデルベルク大学A.ヘットナーについて地理学を学ぶ。1924年スウェーデンに調査旅行に出かけ,《スウェーデンにおける景観と経済》(1925)を発表。27‐31年にインドシナおよび中国南部に調査旅行に行く。31年ニュルンベルク商科大学教授,32年ミュンヘン工科大学教授となり,その活動を展開する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

クレドナーの関連キーワードヘットナー

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android