クロスベルト(英語表記)crossbelt

デジタル大辞泉の解説

クロスベルト(crossbelt)

肩から斜めに、または、2本を十文字に掛ける肩帯。
二つの車の間に8の字形に掛けたベルト。また、そのようなベルトの掛け方。これにより二つの車は互いに反対方向に回転する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

パラグライダー用語辞典の解説

クロスベルト

ハーネスの左腿付近から右カラビナに、右腿付近から左カラビナにそれぞれクロスする様に装着するベルトのこと。片翼潰れなどが起こり、体重が潰れた側に傾こうとする動きを、クロスしたベルトのテンションで防止する事が出来る。バンピーなコンディションでは翼端潰れからのスパイラルスピンの軽減に有効で直進飛行も安定する。逆にクロスに効いたテンションはウエイトシフトを阻害して、クイックなターンが出来なくなる。また、過度なテンションは両サイドのカラビナを接近させ、スピンに入ってしまった場合、ツイストに陥り易くもなる。クロスベルトはその時のコンディションに合わせ調整する事が望ましい。最近のハーネスはクロスベルトと同じ効果を持たせたABSのチェストベルトが標準化されクロスベルト付きの物はほとんどなくなった。

出典 パラグライダー用語辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

クロスベルト【crossbelt】

肩から斜めに、あるいは二本を胸で交差させて掛ける肩帯。
二つの車が互いに逆の方向に回るように、 8 の字形に交差させて掛けたベルト。また、そのかけ方。たすき掛けベルト。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android