クロミフェン(英語表記)clomiphene

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クロミフェン
clomiphene

アメリカで開発された排卵誘発剤経口避妊薬と逆な効果を示す。排卵障害に基づく不妊症の治療に使う。下垂体に作用して,卵巣ホルモンを放出する働きがある。副作用として視覚障害 (霧視など) が起ることがある。肝臓には有害。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

クロミフェン【clomiphene】

脳下垂体から性腺を刺激するホルモンのゴナドトロピンの分泌を促進する薬。排卵誘発剤として用いられる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

僥倖

[名](スル)1 思いがけない幸い。偶然に得る幸運。「僥倖を頼むしかない」「僥倖にめぐりあう」2 幸運を願い待つこと。「生死の境の中に生きることを―しなければならない運命」〈有島・生れ出づる悩み〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

クロミフェンの関連情報