コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クロミフェン クロミフェン clomiphene

2件 の用語解説(クロミフェンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クロミフェン
クロミフェン
clomiphene

アメリカで開発された排卵誘発剤経口避妊薬と逆な効果を示す。排卵障害に基づく不妊症の治療に使う。下垂体に作用して,卵巣ホルモンを放出する働きがある。副作用として視覚障害 (霧視など) が起ることがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

クロミフェン【clomiphene】

脳下垂体から性腺を刺激するホルモンのゴナドトロピンの分泌を促進する薬。排卵誘発剤として用いられる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クロミフェンの関連キーワード経口避妊薬不妊治療排卵誘発アメリカ梯姑ミニピルレボノルゲストレル低用量経口避妊薬アメリカ アメリカ抗エストロゲン剤排卵誘発薬

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone