排卵誘発剤(読み)はいらんゆうはつざい(英語表記)ovulation inducing drug

  • はいらんゆうはつざい ‥イウハツ‥
  • はいらんゆうはつざい〔ハイランイウハツ〕

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

不妊症の原因の一つである排卵異常の治療に用いられるホルモン剤。 1976年,鹿児島で誕生した「五つ子」のときに使われ,有名になった。排卵誘発法には外科的手術化学療法などもあるが,なかでも薬剤の開発には目覚ましいものがある。子宮発育不全月経異常など,その症状に応じたホルモン剤が用いられるが,薬効が強く,投与が慎重に行なわれないと,副作用や複数の排卵が起こる可能性がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 女性に排卵をおこさせる薬。不妊の治療に用いるが、多胎妊娠などがおこりやすい。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

排卵誘発剤の関連情報