コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

排卵誘発剤 はいらんゆうはつざいovulation inducing drug

1件 の用語解説(排卵誘発剤の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

排卵誘発剤
はいらんゆうはつざい
ovulation inducing drug

不妊症の原因の一つである排卵異常の治療に用いられるホルモン剤。 1976年,鹿児島で誕生した「五つ子」のときに使われ,有名になった。排卵誘発法には外科的手術や化学療法などもあるが,なかでも薬剤の開発には目覚ましいものがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

排卵誘発剤の関連情報