コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クロムシ

2件 の用語解説(クロムシの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

クロムシ

多毛綱タマシキゴカイ科の環形動物。タマシキゴカイ,ドンベイとも。体色は生息地によって異なり,泥地のものは暗緑〜灰黒色,砂地のものはだいだい色。体長20〜30cm。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クロムシ
くろむし / 黒虫

環形動物門多毛綱定在目タマシキゴカイ科のタマシキゴカイの別名。名は体色が黒いことに由来し、主として広島県や福島県での呼び名である。マダイ釣りの餌(えさ)として賞用される。[今島 実]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のクロムシの言及

【タマシキゴカイ】より

…多毛綱タマシキゴカイ科の環形動物(イラスト)。別名クロムシ,ドンベイ,チンチロムシ。陸奥湾以南に分布し,干潟の砂泥中にU字形の穴を深く掘ってすむ。…

【多毛類】より

…カレイ類の胃中を調べると70~80%が多毛類で占められている。イソゴカイ,イワムシ,クロムシなどは,釣りの餌によく使用され,アオゴカイ,イワムシなどは韓国,フィリピン,台湾などから生きたまま相当の量が輸入されている。近年,日本でイソゴカイの養殖が始まり,高知県や香川県では大規模に行われている。…

※「クロムシ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

クロムシの関連キーワード多毛類磯蚯蚓鰓蚕沙蚕蛇虫痛ましいけたたまし・い玉敷沙蚕翼沙蚕妬ましい

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

クロムシの関連情報