コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クロム鍍金 クロムめっき

1件 の用語解説(クロム鍍金の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

クロムめっき【クロム鍍金】

酸化クロム(Ⅵ)の硫酸溶液をめっき液とし、目的の金属製品を陰極に、鉛または鉛合金を陽極に用いためっき。硬くて光沢のある銀白色のめっき面が得られる。機械部品や装飾に利用。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クロム鍍金の関連キーワード単極電位電解ピロ電気電気鍍金電鍍任意準備金無線航法ラジオ星分担金電気クラゲ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone