コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

電気鍍金 デンキトキン

大辞林 第三版の解説

でんきめっき【電気鍍金】

めっき法の一。めっきしようとする金属のイオンを含む電解質溶液中で、めっきされる物体を陰極として電気分解を行い、その表面に金属を析出させる。緻密堅牢で美しいめっき面が得られる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

電気鍍金の関連キーワード表面処理鋼板ワグナー電流効率やもり鍍金電鍍電着別離

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android